人財配値の解説
 
すべての機能が使いやすく
運用時も含めすぐに効果が期待できる
それでこそ人財配値の意味があるのです。
 
人財配値の目的、ねらい

1.アナログ的な合否判定を、誰でもわかるデジタル的な合否判定方式にした

 

2.即時に合否判定をできるようにした(入力時間 約1分弱)

 

3. ミスマッチ率の減少で定着率の向上と人材配置に有効に活用される

 
人財配値を使用する流れ 4ステップ!

1.御社の製造現場の特徴を点数化します。

  (全10項目、判定基準説明書付なので安心です)

  ↓

2.新規採用者、配置予定者にアンケートを実施します。

  (全20項目、わずか1分で終わります)

  ↓

3.アンケート結果を人財配値にてフォームに登録します。約1分で出来ます。

  (会社側の点数は事前に入力しておきます)

  ↓

4.集計ボタンを押すだけで、レーダーチャートにグラフ化された判定結果が表示されます。

  (簡潔に書かれているので誰が見ても分かります)

 

  ↓

  ↓

  ↓

・それでも判定結果が思わしくなかった場合・・・

 会社名(現場名)のメニューから別部署を呼び出して再判定することが出来ます(約3秒)

  ↓

・結果、採用の際のミスマッチを防ぎ、配置転換の適正さから人材を人財として、御社にマッチした

 熟練工へと昇華していくことができます。